feel so good♪

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鬼浜中毒になりました。

昔々ある所に
鬼浜の魅力にはまってしまった男がいました。

その男の初打ちは年末天王寺でした。

その時は何が何だか分からん状況でもちろんカッ飛びなんかに入るはずもなく
なんてくだらん機種や・・
という印象だけでした。

それからパチスロ氷河期
どれといって打ちたい機種がある訳でもなく
負けまくっているようです。

彼はサマンサが大好きで
大好きっていうより同じ臭いがするという表現の方が正しいのでしょうか?
サマンサは別名ニト朗と呼ばれる程の鬼浜ジャンキーです。
彼の漫画を読めば詠むほど

鬼浜っておもろいねんや・・・

と思うようになりましたとさ。

パチスロというのはギャンブルですから
【ヒキ】ちゅうもんが重要になってくるもんですが、

この鬼浜っちゅうのは、【ヒキ】以外は必要ない機種なのだ。

なんしか【鬼ヒキ】だけあれば万枚なんて楽勝♪

まず通常時から見てみよう。

基本通常時は 低確・高確・天国というモードを行き来している。
Sinを引けば転落抽選。
ただし、テーブルが数種類存在し、高確や天国にしか移動しないものも存在する。
それが名付けて
【四六死九】モードと言い、
リセ後、ボーナス4回後と9回後(男揃いとバケ//BIG後は1から始まる)
そこが狙い目(要するに4回と9回後は高確or天国天井状態)
5回目のボーナスは高確・天国でのボーナスとなる訳だ。

ただしここで【ヒキ】が重要になってくるのだが、
ボーナス成立⇒絵柄揃いまでの間にいかにリプレイを引けるか?
ちゅうヒキが重要になる。

低確であろうが、高確であろうが、天国であろうが、ボーナス成立時は
いわゆるモードAという状態におり、
そのままボーナスが揃うとほぼARTには入らない仕組みなのだ。
高確・天国であれば、数回リプを引くだけでモードBに昇格するので
かな~りARTの期待が持てるのだ。

ちなみに天国確定時ボーナス成立即ボーナス揃いなんて芸当を達成した日にゃあ・・・

ヒキ弱代表を強く意識して下さい。

天国での鬼メーターなんて死亡ですからっ!(モードA濃厚)

男揃いの演出別でヒキが重要になるG数がある。
男揃い時は1/7でSinの二択になるので、実質として1/14の確率で
終了する。

・ノブオ ⇒ 11G・16G・21G・26G・27G・28G 
・ダイゴ ⇒ 13G・16G・19G・22G・25G・28G
・ハヤト ⇒ 11G以降の奇数G
・ギンジ ⇒ 8G以降の偶数G
・コウヘイ⇒ 1G目から
・リュウジ⇒ 1G目から

こんな具合だ。
何しかレバーオンに祈りを込めて打つ。
タンタンを打ってたら、単純に1/7なんで、タイミングを外して確率を増やす。
名付けて【三こすり半打法】
まっ、コウヘイ・リュウジを引かない事には、かなりのヒキが必要になってしまうって事だ。
ちなみにハヤトでミッションクリアしたら、100G以上のARTが期待できる。

噂のART【カッ飛びラッシュ】ですが、
ART中の上乗せが重要になる。

ART中に男揃い(ぶっちぎりターボ)を早い段階で入れる事が必須になる。
このターボ中は、Sinをナビするので、1/7のヒキが必要になる訳だが、
いかに継続させるかで上乗せのカギになる訳だ。

1/7をくぐって進行していくのだが、

硬派以上(友情不滅40G以上・全国制覇60G以上)のステッカーは10G以上の上乗せ確定
硬派以上のステッカーが、2G・3G・5G・6Gで発生した場合は、偶数設定濃厚な上に
設定1を限りなく否定してくれる(設定1はそのG数での上乗せが1%以下)

14G・17G・20G・23G目に上記3ステッカーが出た場合は奇数の可能性が高くなる(偶数設定の3倍出易い)

奇数・偶数どっちにしても、11G以降は上乗せのチャンスなので、気合入れてレバオン♪

こんな内容を理解して打ってみたらよう分かります。




俺ヒキ弱いな~って(笑)




そんなヒキ弱の鬼浜日記
[PR]
by feelgood_s | 2009-05-25 13:23 | ギャンブル

自己中とは?

我が家の次男は癒し系だ。

体が小さいという事もあるやろうけど笑顔と笑い声はかなり癒される。

笑い声というものは不思議である。

次男のゲラ笑いについては、誘発して笑わせられる。

そんな瞬間だけ、親父で良かったと思う。

その笑顔と裏腹に口の悪さはお墨付きだ。

それに加えて、ずる賢い所・人のせいにする所などは嫁にそっくりだ。

例えるならば、

物がなくなったとしよう・・

嫁は自分で探す前にまず、俺のせいにする。

嫁【あんた~爪切りどこやったん?】

って感じ。

ホンマに身に覚えがない。

けど、歳やし忘れてるのではないか?と不安になったりする。

で、数分考える。

やっぱり身に覚えがない。

俺【俺触ってへんし、爪切り触ったのんめっちゃ前の話やし】

嫁【うち、あんたに渡したっきりかえってきてへんねんって!】

俺【まじで?おかしいな~】

そこで会話が終わる。

俺もそれ以上突っ込みを受けてへんからそれ以上は聞きもしない。

その数分後

普通に爪を切っている嫁の姿がそこにある。


昔はね・・

そこでつっこみましたよ。

ええつっこんださ。

俺【爪切りあったやんけ~】

そんな当たり前の突っ込みをしたならば・・

嫁【うん。そこにあったわ。】

(いやいや、そこにあったわ・・やなくて、それに対して容疑を掛けられた俺に対する謝罪はどうなのよ?)

とか思うわけやん?

普通の人なら、多分・・いやきっと・・いやいや絶対納得いかない訳ですよ。

でもそこで爆発してしまったら、どのように言い合いに持ち込んでも勝てない。

勝てないの。

腹立つけど。


ああ、次男の話やったな。

そんな感じです。(笑)

まっ、そっくりなんですわ。

世間ではそれを【自己中】という言葉でかたずける。

たった3文字で片付ける。

自己中に加えて、【次男】というのがまたミソである。

次男という種族と信仰がある、次男という種族を育てた事がある。
という人には分かってもらえると思いますが(ちなみに俺も次男ですけど)

基本、小さい時は兄貴が怒られている所を見て育っていますので、
どうすれば怒られないか?という知識に関しては兄貴を軽く超越しています。

いわゆる、【言い訳】というものがうまいのもこの【次男】という種族の特権である。

世間で言う、【世渡り上手】といった言葉がこの【次男】には当てはまり易い。

そんな典型的な【次男】な我が子なのですが、それに加えて口が悪い。

GWのとある日、子供二人連れてコンビニに行った。

アイスを買ってやろうと思って。

色々アイス売ってますやん。

なかなか決めかねている様子。

そんな時、中学?高校?って位の娘の集団がコンビニに入ってきた(6人位かな)

そんなんお構いなしに、二人ともアイスを選定している。

俺も買うものカゴに入れて、二人のアイス待ちとなり、アイス売り場は娘軍団と息子二人でごっちゃがえしている。

俺【おい!二人ともはよせえや。もう帰るぞ】

次男【まだ決まってへん!あれもええし、これも食べたいし】

俺【もうどれでもええやないか!はよせえっ!】

次男【いややっ!はよするからこれ二個買ってっ!!】

とまあありきたりな会話をしてたんですわ。

するとその娘軍団がこの次男の顔を見て

娘A【この子かわいいやん♪】

娘B【ホンマや~かわいい】

娘C【けど、この子絶対ヤンキーになると思えへん?】

あはははは

ホンマやね~



口揃えて言うな!(失礼な)

そこで終わったら普通の話なんやけど続きが・・・






次男【だまれっ!】(笑顔)

をを!言い返しよった!

次男【パパ!俺このアイスがいい!】

と取り出したのが【ピノ】

次男はこの会話を聞いていたのは間違いない。
ちゃんとだまれ!と娘軍団に言いましたから。

しかし、頭の中はアイスの事で一杯やった様子だ。

ポイントはここにある。
自己中というのはこういう人種なんやと思った。

そして家に帰ってアイスを食べていた。

ピノを食べながら、食べ切れなかったようで

次男【パパ~ このアイスコンビニに行って、食べ切れへんから違うのと交換してきて】

と真顔で言う辺りに大物の臭いを嗅ぎ分ける事が出来たのであった。


何の話や。

そうそう、俺がスロで負けまくってるって話やったな。

違うか。




4月一気更新や!長くなるで~~
[PR]
by feelgood_s | 2009-05-14 13:51 | ギャンブル